日記

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    これは、
    ぶっちゃけ売名商法的な理由があります。



    私、あんまり働く気はないんですけど、
    働かないわけではないんです。





    というよりも、
    誰よりも働かなければ儲けられませんし、
    その時点で誰よりも働いて入るんです。
    ただ、
    行動や仕事の効率化はしているんです。




    その理由で、
    真っ当な働きをするよりも、頭を働かせて労働を簡略化、そして労働をする量をできるだけ減らしてなるべく楽をしています。


    ですので、
    正確には働かないのではなくて、働かないことを増やして誰よりも労働力のいる作業を減らしているという意味なんです。

    なので、
    稼いでいても働きたくないだけであって、
    働いていないってわけでもないです。




    自分の一番ラクできるホームグラウンドで戦っているっていう状態なので、
    他の人にとっては、
    楽できているようにみえるだけだと思うんです。

    戦っても戦っても特をしないのが戦いだ。

    これに得を求めてはならない。
    やればやるだけ無駄な犠牲は増えるのだから、戦いとは自分の誇りを誇示するための争いなのだ。
    どんな行動も仕事も、気合だろ。



    どれだけ強くても精神が弱ければ戦えず、そして力がなければ精神も強くないのだ。

    心とは人間の中で一番弱く弱点にもなりやすい部分だ。
    本来の力を使うには、
    どうしても精神力がいるのだ。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    (2016/12/17)

    えぇ。

    完全にまた風邪ひきました笑




    もうね、どうしてもこの季節は大きい風邪引くか小さい風引いて一日ほど休養摂って復活する感じです。



    傾向的に、
    今年の風邪は私は小さい風邪の方です。
    久しぶりにこのタイプの年になりました笑

    最強の一撃か。




    最大の攻略法か。




    どっちでもいい、
    だが、
    どっちかが最強でなければ絶対に最強には勝てない。
    誰かと砂漠にしても誰かを貶めるにしても、

    絶対にそれが真実なのか確かめられる時が来るのだ。
    その真実に対して私たちは抵抗はできず、
    完全にウケてに回らなくてはならないものだ。


    それくらいに真実というものには価値がある。
    だからこそ、
    真実は話すべきものではないのだ。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    (2016/12/27)


    本当、
    めっちゃダルいッス笑




    なんでかっていうと結構ね、体がいろいろと季節的な反応で乾燥とかヤバいんです。



    ここまで体が乾燥するのは大変ですよー。

    便利なものは使いたい。

    その便利なものを使うと時間が短縮できるとか、かなりいいと思うだろう。



    それはでも、
    成長には関係がない。
    成長したいのならば絶対的に不便な方がいい。

    なんでもできる必要などないが、
    なんでもできるようになることは一番仕事などで強くなれる方法になるだろう。
    命というのは儚いものだ。

    生きている間はいいが、いなくなったら寂しくなる。
    それをブログに綴ることが、
    命の証明になるのなら、いくらでも新しい文化にしていこうじゃないか。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    ・・・いや、やるきがないっていうか、
    そもそも低血圧な人間なのでそもそも行動自体がしたくないんですよ笑





    正直、
    めんどくさいんです動くの。





    でも、一応健康管理のために外に出かけるのは每日しますし、
    いわゆる動きたくないから管理を徹底しているんです。



    つまり、
    無気力なだけなんです。

    最大パワーで戦って勝てないってことが、もしあるとして、どうやったら勝てるのだろうか?



    それは全力以上の力がないと勝てないのだから、
    それを出しきれるのかが勝負になるだろう。





    全力以上。
    限界を突破すれば体に想像以上の負担がかかる。
    それだけ無理をできなければ倒せない相手だからこそ、どうするか自分で考えるといいだろう。
    誰かと砂漠にしても誰かを貶めるにしても、

    絶対にそれが真実なのか確かめられる時が来るのだ。
    その真実に対して私たちは抵抗はできず、
    完全にウケてに回らなくてはならないものだ。


    それくらいに真実というものには価値がある。
    だからこそ、
    真実は話すべきものではないのだ。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    (2016/10/06)




    誰だってそうだが、
    仕事もプライベートもパワーバランスに寄って保たれている。

    人間関係の大本も、
    そのパワーバランスに寄って、
    関わりたい人と関わりたくない人に区分けして距離感を保ったりしているものだ。




    それくらいに、
    自分自身に対する理解とか、
    他人に対する理解とか、わからないものが多いのだ。






    だからこそ、人は成長しなければならない。
    自分自身のためにも、守りたい人たちのためにもだ。

    勝負というのは一期一会だ。


    戦って勝っても負けても次に会うときにはもうその相手は違う相手で勝敗は二度と取り戻せない。
    勝負とは絶対に決着がつく。


    次はない。
    絶対に。
    金は天下の回りもの。


    天下に回らなくてはいけないものではないが、絶対的じゃないゆえに、
    効果は絶大だ。



    それくらいに、
    金とは危険だ。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    (2016/11/28)


    本当、
    なぜかわからないんだけど、
    完全に最近また体がパワーアップしている。



    なんでわかるかっていうと、
    リップクリームあるでしょ?





    あれのサイズが、
    持っているだけでも小さいと思うようになってる。
    自分でもわかるくらいに小さいとわかる。



    つまり、
    腕が一回り大きくなっていて、
    手のサイズも巨大化している。



    なので、
    体全体が大きくなっている。
    体重は測ってないけど、
    スタイルは細くなってきているし、太ったわけではないようだ。
    つまり、
    筋肉がついてさらにガタイが良くなってきたのかもしれない。


    私の場合、
    元々柔道をしていたのでガタイがいいため体育の先生が気に入って入部を無理やりさせたほどガタイがいいらしい。





    なので、
    それよりもいい筋肉と骨格になったのかもしれない。

    これだけでいい。




    生きるのにこれだけでいいと思うようなことがあるだろうか?


    例えば無人島に流れ着いたらというと、
    人それぞれで必需品がちがうというけど、
    必需品にさえもある程度の許容条件がある。




    簡単に言うと、
    何もない世界に持っていけるものは、命と体しかないものだ。
    人を助けるのに理由なんていらない。


    助けたいから助けるのだ。

    このページのトップヘ