ブロガー指南講座

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    ブログっていうのは、
    一つ一つが著作物なのはご存知ですか?



    著作物というのは書いた本人、作った本人が持つ著作権に守られており、
    いわゆる小説家の本とかも、
    本で出版するときにそのマージンとして著作権料が支払われております。




    まあ、
    ブロガーはセルフマネージメントなので、
    自由にデザインに広告を載せても受けてもいいのですが、
    どちらにせよ著作物ということは、
    他のブログに転載を無断でされたら権利を主張してもいいのです。




    なお、
    これでわかると思いますが、
    他人の作った著作物を、他人が動画に載せるのもNGなので、
    既存の漫画とか小説の画像や文章は権利を持っている相手に許可をもらって掲載すること以外には使ってはいけないのです。




    また、
    二次創作物に関しては、
    2016/11/03
    現在においては、ある程度本人の所有権もあるためどういう処理になるかはそれ自体では判断できないそうです。
    まあ一番は、本人に許可を取ることが一番でしょう。




    また、
    著作権は本人の死亡後、
    50年間保有され、それが解除され次第、遺族がその所有権を指定できる二次著作権保有者になります。
    なので、
    遺族がその著作権を保有できるために、
    ブログ自体も遺族に継承できるという手続きが存在します。

    どんな力も、
    最大パワーを出すと異常な領域の力になる。




    例え一瞬で力尽きる力でも、
    その一瞬が相手に当たればその威力は確実に相手を葬れるだろう。




    一瞬の爆発力。
    その甚大な威力だけは、絶対に避けなければならない。
    その人に何かしたいと思う感情は、
    誰よりも素晴らしいものだ。

    それをかなえられる力があればなお素晴らしいものだ。
    人とは絶対的にそれを叶えたいと思い、
    失敗するかどうかを永遠と試し続ける。


    その感情は素晴らしいが、
    それが他人の迷惑になってないかまでは考えておくべきだろう。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    ブロガーを昔からやっている人間ならばわかるだろうが、
    YouTuberのような稼ぎ方は、
    別に昔からあるやり方なのだ。



    だが、
    今は流行りだから一定数は必ず収益性はあるし、
    広告主からの入稿マッチング数があるからかなりの有益な稼ぎ方だとは昔からネットビジネスをしていればすぐに分かる。



    簡単に言うと、
    2016/11/03
    時点のYouTubeは広告主が流行りで多い。


    なので、
    質の高い動画を作らなくてもYouTubeというメディアそもそもに広告がマッチングされやすく、収益性もgoogleアドセンス的には大いに高いのだ。



    ちなみに、
    ブロガーが一世風靡しだした時代もこういう状況で収益性はものすごく高かったが、
    現在では停滞というよりも、
    落ち着いて努力し続けることで稼げる安定した土台になった。



    いわゆる、
    バブルが弾けた後の安定した収入量の分析が可能だから、
    将来の心配をある程度心配しなくとも分析しやすい環境になって更地になったのだからやっていると理解しやすい。




    ブログと違って今はYouTubeに対しての収益的な要望は強い。
    だが、
    ブログと違って収益性が落ち込むのは流行りが終わってからであり、
    つまり、
    今のバブル時代に収益を溜め込まないと、
    あとあと10年後には収益性はざらになってくると、ブロガーを昔からやっていれば冷静にわかるものだ。


    要は、
    分析が難しいから、、
    落ち着いて収益計算をしておいたほうがいいだけなので、
    YouTubeの収益に対してのサイト設計的には私は素晴らしく構築できていると思っているので否定をする気は毛頭ない。

    人を助けるのに理由なんていらない。


    助けたいから助けるのだ。
    最大パワーで戦って勝てないってことが、もしあるとして、どうやったら勝てるのだろうか?



    それは全力以上の力がないと勝てないのだから、
    それを出しきれるのかが勝負になるだろう。





    全力以上。
    限界を突破すれば体に想像以上の負担がかかる。
    それだけ無理をできなければ倒せない相手だからこそ、どうするか自分で考えるといいだろう。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    これはスッゴク簡単な理由で、
    働きたくなかったからです。



    というよりも、
    労働に対して一番難しいことをとりあえずこなそうと思って考えついたのが、
    およそ三年前、
    一番儲けるのが難しそうだったブロガーという活動を昔からある程度の知識はあったので挑戦したかっただけなんです。



    だから、
    楽しいとかそういうことはなく、
    ただ業務や仕事という意味で3年間ほど頑張り続けてきたブロガーという活動です。
    ですが、
    案外成功してしまいましたね笑
    結局人間、
    一番難しいものができてしまったとき、誰よりも現実で仕事まで出来るようになってしまったので、
    あえて挑んでおいてよかったです。


    今では30歳で余裕でお金稼ぎができます♪

    好きな人がいることは、
    強くなれるということだ。


    誰かを愛していれば強くなり、愛せないと強くなるには困難がつきまとう。




    人はだれかを愛さざるをえない。
    どんな状況でも、
    恨みや嫉妬よりも強い感情なのだ。
    例えば、
    超能力が使えるとして、あなたは使ってみたいだろうか?




    正直言えば、
    特殊な能力ならばそれだけに暴走を止める力が必要だ。

    だからこそ、
    力とは、制御しなければならないのだ。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    ブログっていうのは、
    一つ一つが著作物なのはご存知ですか?



    著作物というのは書いた本人、作った本人が持つ著作権に守られており、
    いわゆる小説家の本とかも、
    本で出版するときにそのマージンとして著作権料が支払われております。




    まあ、
    ブロガーはセルフマネージメントなので、
    自由にデザインに広告を載せても受けてもいいのですが、
    どちらにせよ著作物ということは、
    他のブログに転載を無断でされたら権利を主張してもいいのです。




    なお、
    これでわかると思いますが、
    他人の作った著作物を、他人が動画に載せるのもNGなので、
    既存の漫画とか小説の画像や文章は権利を持っている相手に許可をもらって掲載すること以外には使ってはいけないのです。




    また、
    二次創作物に関しては、
    2016/11/03
    現在においては、ある程度本人の所有権もあるためどういう処理になるかはそれ自体では判断できないそうです。
    まあ一番は、本人に許可を取ることが一番でしょう。




    また、
    著作権は本人の死亡後、
    50年間保有され、それが解除され次第、遺族がその所有権を指定できる二次著作権保有者になります。
    なので、
    遺族がその著作権を保有できるために、
    ブログ自体も遺族に継承できるという手続きが存在します。

    人のことを語る上で、
    人柄を話すのは理由がある。



    人柄というのは、
    その人の人格である。
    それを聞いた他人は、すぐに「スゴい人なんだな」とか「いい人生だな」
    なんて思ったりもする。




    人の人生なんて、
    他人が決めることだ。
    その噂や情報や、他人から他人に伝わるものだから。
    適当に生きる人間には理由がある。

    そもそも適当に生きられないから人生難しいのだから、適当に生きるために努力をしていないのであればその人は生きてさえいないだろう。



    それくらいに怠けるとか適当とか言えないものだ。
    人はそれくらいに真面目なのだ。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    これについて、
    さして問題はないと思います。



    ですが、
    本文のコピーや画像を貼ったりするのはもちろん著作権法違反になります。



    この場合、
    基本的に私はAmazonなどの商品リンクを使用したりしています。


    実際のところ、
    記事自体は創作ですし、
    まず著作権というよりも、誹謗中傷以外でまずなにかあったりはしていないようです。
    2016/11/03現在。





    ただ、
    ライティングにおいてはかなり難しい分野です。
    なにせ、
    相手の作品を物販販売とかの意味ではなく書いておいて否定しているように誰かが思えば大変なことになるかもしれないですし、
    そういうのはマナーというものが有りますが、
    ファンサイトとかでは現在でも普通に有名人の写真やアニメやゲームの画像があったりしますので。

    行動や仕事にも、
    精密さを求めるべきだ。



    いくらでも行動するには途中からの回復が必要だし、回復には休息が必要だ。





    必要以上はどこかしら、
    絶対的な行動の計算にて成り立つものだ。
    常に時代は移り変わる。


    新しい時代には新しい現象、機器、道具がある。





    その新しい時代には新しい人間がおり、
    その時代のリーダーになる。
    そして、
    それが現代でもあるのだ。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    もし、
    複雑なデザインができないと思うであれば、
    記事を書くだけの雇われブロガーになるという仕事もある。




    まあ、記事代金だけだから費用はやすいかもしれないが、記事を書くだけだからデザインを自分でするというリスクはなくなる。

    まあ、
    だが、相手もそういうことをさせてくれる企業が相手だから、
    もちろん質の悪い記事をサイトに載せようとはしないだろうが。

    勝負というのは一期一会だ。


    戦って勝っても負けても次に会うときにはもうその相手は違う相手で勝敗は二度と取り戻せない。
    勝負とは絶対に決着がつく。


    次はない。
    絶対に。
    そもそもテコ入れをする必要があるのだろうか?


    なんににでも不完全はあるものだし、絶対に完成されたものはない。
    まあ、
    だからこそ、テコ入れの必要がある場合もあるのだろうが。

    このページのトップヘ