定言

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    どんな強い力も、
    制御できなくては意味が無い。



    私達人間は、
    脳という機能が力を制御してくれているから、体に無理をかけずに行動ができているが、
    もし、
    その脳のリミッターが自動発動しなかったら、
    しないほど強くなったらどうなるのか?




    それは、
    自分で制御を任されているのだから、圧倒的力の代償に、力の制御を覚えなければいけないということだ。

    己の力の無さに気づいた時、
    人は分不相応をわきまえなければならない。


    圧倒的に強いのかなんて関係がない。


    その力に見合った態度をし、
    その力に見合った行動をしなければならない。





    人の立場や行動範囲が変わるように、実力と立場に見合ったものも、変えていかなければならなのだ。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    人と人は助けあって生きています。


    共存しなければいけないのだから、
    共存ができないのならば人のいる世界で生きてはいけません。




    お金稼ぎもそうですが、
    相手に人がいないと賃金を払うという概念もありませんよね?


    それと同じように、
    生きるのには相手がいるのです。

    人がどれだけ逃げてもダメだ。



    逃げても助けが来ないこともある。
    もしビジネスマンならば、
    絶対に助けてが来ないことも考慮して行動し無くてはならない。






    それが、
    体を酷使して仕事をするということだ。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    もし、
    何かしらの仕事で成功したいのならば、
    その世界のスペシャリストになっていなければならないだろう。




    その世界の技術や、
    その世界の仕組みなど、国外も交えればなおさら必要になる情報量は違う。



    人生もそうだ。
    無限に前に進み続ける時間、それを間違わずにどう進めるかで、将来のあなたの人生は変わるだろう。

    決めたことを守ることは大切だ。

    その日何をしようとか、
    その時どうするかとか、

    決めておくのもいいだろう。
    たとえそれが違う時だとしても、それは決めていることで他のことと考えればよいのだからより一層効率的になるではないか。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    世の中には、絶対に逆らってはいけない規律というものがある。


    例えば、
    絶対的権力者に逆らうなというゴシップみたいなものから、
    法律のように絶対に従わないと痛い目見るような規範的なものまである。




    それら全てにおいて、
    守らなければいけないルールを守らないとその環境では生きていけない。
    絶対的に強い人間に逆らうと食い物にされるとか、
    絶対に恐いものには逆らわないとか、
    同じ人間でも身の毛がよだつほどの生物がいることだってある。

    仲が悪い相手は誰にでもいる。



    だがその仲が悪い相手に対して、仲直りをするのかは本人たち次第だ。


    別に仲直りしなくていいのならば仲直りしなくていいのだ。
    人間はそんなによくできていないから、
    頑張らなくても別にいいのだ。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    社会の技術が日進月歩なのと同じように、
    人の成長も日進月歩で無くてはならない。



    その先の未来にも、
    進むべき自分の姿がある。





    前に向かう。
    そして、
    先に向かうことで、人は絶対に強くなれる。

    物事を一個一個の駒だと思うと物事は簡単になる。

    いわゆるタスク処理と同じだが、
    駒はゲームにおいて切り札にも使えるものだから大切にするべきだ。


    駒というのはなるべく持っておくべきだ。
    この駒がなければ、
    絶対に戦えない的とも戦えるのだから便利だ。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    世の中には、絶対に逆らってはいけない規律というものがある。


    例えば、
    絶対的権力者に逆らうなというゴシップみたいなものから、
    法律のように絶対に従わないと痛い目見るような規範的なものまである。




    それら全てにおいて、
    守らなければいけないルールを守らないとその環境では生きていけない。
    絶対的に強い人間に逆らうと食い物にされるとか、
    絶対に恐いものには逆らわないとか、
    同じ人間でも身の毛がよだつほどの生物がいることだってある。

    水というものは一箇所に固まるものだ。


    雨だって最終的には海に流れ着いて一つとなる。
    水は人と同じだ。
    流れに流れてどこかにたどり着き、最終的に何かと一緒になるものだ。

    このページのトップヘ