日記3

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    (2016/11/06)

    正直、
    好きなこと書いてます笑



    後はカテゴライズされて分類して掲載していく予定ですので、
    様々な種類の動画内容にはなります。




    さらに、
    テキスト動画です。


    主にまとめ動画などで作られるテイストですが、
    短時間な上に、シンプルです。
    ですが、
    自分の新しいテキスト内容で、
    相当な数をテキストで見れるため、時間が経つたびに増えて見れる量が増えていくと思います。

    人にはやって、

    「いいこと」

    「悪いこと」

    がある。
    それがわからないとやってはいけないことが理解できずに暗闇に足を突っ込んで落とし穴にハマることがある。
    悪いことは最初から極力減らして動かないといけないのだ。
    仲が悪い相手は誰にでもいる。



    だがその仲が悪い相手に対して、仲直りをするのかは本人たち次第だ。


    別に仲直りしなくていいのならば仲直りしなくていいのだ。
    人間はそんなによくできていないから、
    頑張らなくても別にいいのだ。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    (2016/10/17)




    実際、
    夏はかなり苦労しましたね。



    寒さとクーラーでお腹が痛くて、
    さらにグリーンスムージーをその時飲み始めて異常なほどの腹下しが起こり続けていました。




    今は適量がわかったのでなかなかならないのですが、
    本当に夏はキツかったです。






    あと、
    夏に腹巻きはしないほうがいいです。


    汗で湿ってしまって逆に冷えてしまいました笑

    最大パワーで戦って勝てないってことが、もしあるとして、どうやったら勝てるのだろうか?



    それは全力以上の力がないと勝てないのだから、
    それを出しきれるのかが勝負になるだろう。





    全力以上。
    限界を突破すれば体に想像以上の負担がかかる。
    それだけ無理をできなければ倒せない相手だからこそ、どうするか自分で考えるといいだろう。
    秘密というのは持っておくべきだ。
    いくらでもあってもいいし、
    それを隠しておくのも明かすのも、君本人次第だ。

    ただ、
    秘密にはルールが有る。
    現実でやってはいけない秘密なんて、隠している意味が無い。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    うーん。



    よく聞かれますけど、
    さして自分ではいいと思っていません。



    なぜなら、
    そもそも人間って、頭の良さ自体ならば、どれだけでも向上できると思うんです。



    いわゆる、脳トレ次第ってことです。






    IQっていうのは生まれ持って持っているもので、
    さしてそれが変化することはないですが、鍛えることで成長することは出来るんです。

    永遠につづく人生ではない。


    どこかで終了、
    どこかで限りがある。



    その人生を、
    送る方法を模索するのが、成長というものだ。
    記事を書くときには常に法令に反していないか注意し無くてはならない。

    方の裁きを受けるのはどうしても社会人としては抵抗があるのだから、
    そうしないわけにはいかない。
    だから法律というのは「ブロガー」だろうが、
    「ビジネス」だろうが「学校」だろうが同じだ。


    法令遵守、それが決まりだ、

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    何もしてませんよ?笑



    私はいつも仕事しているし、
    代り映えしないよ??



    いつも同じ行動しかしないし、余計な計画ってあんまり好きじゃないの笑

    心とは環境で変わる。

    新しい環境ならば新しい気持ち、
    いつもと同じなら安心してできるようになる。
    そんな思いでブログを書いたらどうだろうか?

    新しい気持ちで書くことで発見があるかもしれないだろう?
    勝負というのは一期一会だ。


    戦って勝っても負けても次に会うときにはもうその相手は違う相手で勝敗は二度と取り戻せない。
    勝負とは絶対に決着がつく。


    次はない。
    絶対に。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    (2016/10/20)



    いやー、
    なんでか知らないけど謎のハイテンションが続いている最近ですが、
    皆様いかがお過ごしでしょうか?笑




    正直、本当にわからないのです。




    なんでか知らないけど最近は完全にテンションがてっぺん以上を振り切っているほど向上しています。






    人ってこうなると若いと思うのかもしれませんが、
    そもそも私は昔のほうがテンション低くて大人っぽかったんです。




    なので、
    最近の私はむしろ若くなっている気がします。


    若いっていいと思うんですよ。

    己の力の無さに気づいた時、
    人は分不相応をわきまえなければならない。


    圧倒的に強いのかなんて関係がない。


    その力に見合った態度をし、
    その力に見合った行動をしなければならない。





    人の立場や行動範囲が変わるように、実力と立場に見合ったものも、変えていかなければならなのだ。
    常に時代は移り変わる。


    新しい時代には新しい現象、機器、道具がある。





    その新しい時代には新しい人間がおり、
    その時代のリーダーになる。
    そして、
    それが現代でもあるのだ。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    (2016/10/17)




    実際、
    夏はかなり苦労しましたね。



    寒さとクーラーでお腹が痛くて、
    さらにグリーンスムージーをその時飲み始めて異常なほどの腹下しが起こり続けていました。




    今は適量がわかったのでなかなかならないのですが、
    本当に夏はキツかったです。






    あと、
    夏に腹巻きはしないほうがいいです。


    汗で湿ってしまって逆に冷えてしまいました笑

    人は別に最強にならなくてもいいのだ。

    ただ、
    最高に素晴らしくなるか
    最高に強くなるのか
    だけは決めておいたほうがいい。

    どちらも最高だろうが、
    どちらも手に入れるのはひどく困難だからだ。
    まともに認められないことは悲しいものだ。


    認められることに何かを感じるよりも、
    認められることそのものが嬉しいと思うものだ。



    私はだから思うのだ。
    認めないことで相手に与えられる優しさがあるのではないだろうかと。

    このページのトップヘ