ブロガーを昔からやっている人間ならばわかるだろうが、
YouTuberのような稼ぎ方は、
別に昔からあるやり方なのだ。



だが、
今は流行りだから一定数は必ず収益性はあるし、
広告主からの入稿マッチング数があるからかなりの有益な稼ぎ方だとは昔からネットビジネスをしていればすぐに分かる。



簡単に言うと、
2016/11/03
時点のYouTubeは広告主が流行りで多い。


なので、
質の高い動画を作らなくてもYouTubeというメディアそもそもに広告がマッチングされやすく、収益性もgoogleアドセンス的には大いに高いのだ。



ちなみに、
ブロガーが一世風靡しだした時代もこういう状況で収益性はものすごく高かったが、
現在では停滞というよりも、
落ち着いて努力し続けることで稼げる安定した土台になった。



いわゆる、
バブルが弾けた後の安定した収入量の分析が可能だから、
将来の心配をある程度心配しなくとも分析しやすい環境になって更地になったのだからやっていると理解しやすい。




ブログと違って今はYouTubeに対しての収益的な要望は強い。
だが、
ブログと違って収益性が落ち込むのは流行りが終わってからであり、
つまり、
今のバブル時代に収益を溜め込まないと、
あとあと10年後には収益性はざらになってくると、ブロガーを昔からやっていれば冷静にわかるものだ。


要は、
分析が難しいから、、
落ち着いて収益計算をしておいたほうがいいだけなので、
YouTubeの収益に対してのサイト設計的には私は素晴らしく構築できていると思っているので否定をする気は毛頭ない。

人を助けるのに理由なんていらない。


助けたいから助けるのだ。
最大パワーで戦って勝てないってことが、もしあるとして、どうやったら勝てるのだろうか?



それは全力以上の力がないと勝てないのだから、
それを出しきれるのかが勝負になるだろう。





全力以上。
限界を突破すれば体に想像以上の負担がかかる。
それだけ無理をできなければ倒せない相手だからこそ、どうするか自分で考えるといいだろう。