2017年05月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    恐いことに、えるもは急にやる気を出すことがある。


    しかも大抵は相手が望んでもいないような無駄なときに急に全力で頑張りだす。

    周りは完全に予測不能らしい。

    もし、
    絶対に強いと思うのであれば、

    自分よりも強い相手に対して恐怖は感じるかどうか聞くと本物かどうか分かる。




    どうしても強くなると、
    相手に対して軽んじる発言をするようになり、
    勝てるとか思っていたら負けてしまうことがある。



    だが、
    本当に強い人間は、
    自分より強いものに対して絶対的恐怖心がある。
    100%でも勝てないと思ったことがあるか聞いた時、強い人間は、「ある」と即答できる。



    それくらいに、
    恐怖に打ち勝てなければ、100%を超えた戦いをして相手を倒すことができないからだ。
    上には上がいる。


    その上にも上がいる。

    そうやって上に上がっても上がいるから、人生とは面白いのだ。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    (2016/10/09)




    正直言うと、
    買い物を每日していたんだよ。


    なんでかっていうと、気分転換に買い物をするとストレス発散になるのは人間誰しも同じだし、
    寄り道で行った場所も楽にブラブラできるからな。






    まあ、
    それでもだ。




    やはり人間って、
    買いたいものがなくなると、限界以上には買い物をしなくなるものだ。

    というよりも、買い物をすることにあきてくるということだ。




    人間って、
    本当に強欲だよね。


    計算して欲によるストレスを発散しきると、この用に欲に対するストレス発散方法までも欲深く失わせ虚無感を欲するようになるんだから。

    便利なものは使いたい。

    その便利なものを使うと時間が短縮できるとか、かなりいいと思うだろう。



    それはでも、
    成長には関係がない。
    成長したいのならば絶対的に不便な方がいい。

    なんでもできる必要などないが、
    なんでもできるようになることは一番仕事などで強くなれる方法になるだろう。
    欲しいものを買うとき、
    ちょっと我慢できそうならば迷うべきだ。


    あと、
    友達とショップングへ行っても気分で余計なものを買ってしまわないようにするべきだ。





    それくらいに、
    人とはお金に甘いモノだ。
    好きなものも、いらなければ買っただけで終わってしまうのだ。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    ありがとう!

    たとえ何があっても、
    人には別れがあるだろう。



    一生二人でいられる時間はなく、いずれ限界を人は向かえる。


    その限界までが人生だ。
    誰かと共存して仕事をするし、誰かがいないとお金の意味もない。


    そんな社会に、
    人は夢を描く。
    なんでもそうだが、
    そのキャラをすることは大変ストレスが溜まることだ。

    いわゆるぶりっ子とかも、
    意外と相当なほどモテたいっていうのがわかる。
    いわゆる心理学的にはかなり分かるものではあるが、バレないと意外と行けるのを見ているのも面白いものだ。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    どんな強い力も、
    制御できなくては意味が無い。



    私達人間は、
    脳という機能が力を制御してくれているから、体に無理をかけずに行動ができているが、
    もし、
    その脳のリミッターが自動発動しなかったら、
    しないほど強くなったらどうなるのか?




    それは、
    自分で制御を任されているのだから、圧倒的力の代償に、力の制御を覚えなければいけないということだ。

    己の力の無さに気づいた時、
    人は分不相応をわきまえなければならない。


    圧倒的に強いのかなんて関係がない。


    その力に見合った態度をし、
    その力に見合った行動をしなければならない。





    人の立場や行動範囲が変わるように、実力と立場に見合ったものも、変えていかなければならなのだ。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    (2016/12/04)


    ・・・うん?
    そうですかね??


    私的には結構活動していますよ笑




    ただ、
    確かに記事自体はあまり書いていないかもしれません。
    私は基本的に、
    一時的にスゴく書くけど、
    急に情報収集や活動領域を広げるために活発に記事のライティングを休んで現実から情報を搾取しようとする傾向があります。


    一応、
    記事において妥協する気もないですし、
    さらに、
    最近はNaverまとめ様にてまとめサイトも運営をはじめました。
    現時点では10個近くあるんですかね。
    あとは、
    ワードプレスブログも始めたので、
    むしろ忙しいくらいです笑



    いずれ、
    このブログにもリンクを貼ると思いますが、
    まだまだ始めたばかりなので勝手がわからない状態なので、活動領域は現状的にはさらに活発になっている方ですよ~♪

    人間には遺伝子にさえ決められた限界がある。

    別にそれ以上いけないわけではないが、
    通常の人間の生き方では限界が有るようだ。


    今では無限に生きる理論も確立されているらしい。
    それくらいに、
    人間は限界を超えるかどうかに興味が有るのだ。
    名言とは思いつくものか?

    否、
    それはその人の生き様で出廬するものである。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    体育の日
    秋本番
    連休最後
    うろこ雲
    酵素ジュース
    連休明け
    秋祭り
    肌トラブル
    初冠雪
    長雨
    秋空
    衣替え
    IPアドレス
    シュウメイギク
    スマートフォン
    API
    楽天市場
    真空管
    Kindle
    アミノ酸
    YouTube
    Amazon
    楽天
    DMM
    Googleマップ
    Google
    Twitter
    体育の日 2016
    10月10日
    10月10日 イベント
    金銭感覚がわかる瞬間

    命というのは儚いものだ。

    生きている間はいいが、いなくなったら寂しくなる。
    それをブログに綴ることが、
    命の証明になるのなら、いくらでも新しい文化にしていこうじゃないか。
    その人生に後悔するだろうか?




    誰かが見たら恥だと思う人生を生きてはいないだろうか?

    人というのは
    誰よりも立派な人生を送りたいと思うようにできていて、絶対に認められるからこそ生きていることを自覚するものだ。






    人というのは、
    絶対に立派になりたくて、後悔する人生を送りそうになるものだ。

    このページのトップヘ