2017年04月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    (2016/10/06)



    私、
    思ったことがあるんです。



    実は、数日間見ていたのですが、私、なんでかgoogleさんの収益、
    YouTubeの私の動画のほうが多いです。




    ここでわかったことが一つあります。



    私、
    ブロガーよりもYouTuberとしての収益が何故か勝ってる?汗






    最近理解したことなので、まさかのビックリです笑





    別に、
    私ってあんまり動画自体以前に作っただけで、
    まったく放置しているんです。



    ですけど、
    私のブログからなぜか流入があって、
    いつの間にか高評価の投票とかユーザから入っているんです。






    ・・・でも、
    本当に以前に作ったものですよ?
    面白いとはまさか自分でも思ってなかったな汗

    人間どんな時であっても、
    新しい物が手に入るとわかった時、いつでも子供のように若くなるものだ。

    その時の浮かれが人間一番心地よく嬉しく、
    とても楽しいものであると思える。



    それでいいのだ。
    無理しなくても大人にはなってしまうし、好きなモノを手に入れることくらい、
    楽しんでも良いではないか。
    カッコつけるな。



    そんなに立派な人間じゃないだろう。

    そう思えば思うほど、
    強さを誇ることがいかに困難か思い知らされる。



    だからこそ、
    カッコつけるのは本当に強くなってからだ。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    (2016/12/17)

    えぇ。

    完全にまた風邪ひきました笑




    もうね、どうしてもこの季節は大きい風邪引くか小さい風引いて一日ほど休養摂って復活する感じです。



    傾向的に、
    今年の風邪は私は小さい風邪の方です。
    久しぶりにこのタイプの年になりました笑

    生きる目的は人それぞれだ。

    永遠にその目的を目指すこともあるし、
    目的を達成したらすぐに切り替えるものもいる。
    目的とはすなわち、
    達成するまで最高の存在だ。
    そもそもテコ入れをする必要があるのだろうか?


    なんににでも不完全はあるものだし、絶対に完成されたものはない。
    まあ、
    だからこそ、テコ入れの必要がある場合もあるのだろうが。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    世の中に完璧なことなどない。


    そんなの当たり前に知っているはずだ。
    人間は酸素をしなくては生きていけないし、無重力空間では死んでしまうのは誰もが知っている。


    事実、
    できないことなど個人的にも山ほどある。
    あーしたいこーしたいと思っていることがかなわないことなんていくらでも捨ててきた。


    それくらいに、
    未完全だけど完璧に見えるのは、ただ単にすぐにいらないものは捨てているからだ。

    人間どんな時であっても、
    新しい物が手に入るとわかった時、いつでも子供のように若くなるものだ。

    その時の浮かれが人間一番心地よく嬉しく、
    とても楽しいものであると思える。



    それでいいのだ。
    無理しなくても大人にはなってしまうし、好きなモノを手に入れることくらい、
    楽しんでも良いではないか。
    使えるものは何でも使う。
    だが、
    使えないのならば迷わず捨てる。

    それくらいに人というのはシンプルになれる。

    シンプルになれないのならば、
    それはまだ二流なのだ。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    これはニュース記事もそうですが、
    そもそもテレビやニュース、マスコミ関係は、そのライティング保有者を著作権者にしています。


    なので、
    ネットニュースや文章自体をライティングした記事は、
    著作権に守られております。
    自分のブログにネットのニュースを転載してしまった場合、法律的に罰せられる場合があります。



    なので、
    2016/11/03
    時点ではニュース記事をブログに転載できるウェブツールマークが存在しないのです。
    (もとは存在していたのですが、権利関係の問題が発生しやすかったのでしょう)

    また、Twitterなどの情報の場合、
    ある程度の許容範囲を持ってオッケーな情報という枠組みがあるそうです。
    というよりも、
    Twitter側がそもそもアカウントを作成した人物の文章はTwitter側が利用規約で承認している部分があるため、
    転載が可能な状態ではありますが、
    一応権利自体をまずライティングした人間がそもそも保有しているから著作権なので転載禁止として苦情を入れるくらいはできるのでグレーゾーンといえばグレーゾーンでしょう。
    まとめサイトで使われている記事元というのは、
    おおよそこの転載が可能ではあるためにまとめサイトが作られております。




    また、
    YouTubeなどの動画はウェブコードを使用しているので、
    著作権ではなくプログラムコードによる貼付けならば問題がない行為だそうです。
    さすがにプログラムコードは自動生成されたYouTube側が拡散するために作られている方法ですので、
    そこで何かしら活動している以上、
    それに許可している場合、
    動画概要欄付近に現在も拡散用の貼付けコードが普通にあります。





    以上が、
    著作権関係の記事をブログや動画に載せるとどうなるのかについての記事でした。

    努力は続けることに意味がある。

    その努力がなくなるとすぐに人は弱くなる。
    続けていくことは困難だけど、
    ずーっと続けていくことには成長という未来が待っている。
    思いやる気持ち。

    それを持っていることで相手と理解し合えるとされている。
    それは本当なのだろうか?

    私的には真実だと思うし、
    理解できないのに会話も何もないと思う。
    相手を理解することで話したら言えない内容ややってはいけない行為がわかるのだから、
    逆に言えば悪影響のあることもできないことも理解できるのだ。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    体育の日
    連休2日
    秋祭り
    ミゾソバ
    秋本番
    秋雨
    どしゃ降り
    雨予報
    土砂降り
    Windows 7
    レーザーディスク
    珪藻土
    真冬
    YouTube
    Amazonプライム
    Amazon
    Googleマップ
    楽天
    DMM
    Google
    Facebook
    郵便番号
    天気予報
    Twitter
    楽天市場
    金銭感覚がわかる瞬間

    秘密とは共有するものだ。

    誰にも明かしたくない事実ならともかく、誰かと共有したい事実ほど共有してしまうものだ。
    人には秘密を言いたくなるという修正がある。


    だからこそ、
    誰にも明かしたくない事実以外は他人は絶対話してしまうのだ。
    勝てないのなら逃げてもいいんだ。




    絶対に勝てない相手にまで、勝負を挑む必要などない。

    逃げるが勝ち。
    そういう人生もあっていいじゃないか。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    (2016/11/06)

    正直、
    好きなこと書いてます笑



    後はカテゴライズされて分類して掲載していく予定ですので、
    様々な種類の動画内容にはなります。




    さらに、
    テキスト動画です。


    主にまとめ動画などで作られるテイストですが、
    短時間な上に、シンプルです。
    ですが、
    自分の新しいテキスト内容で、
    相当な数をテキストで見れるため、時間が経つたびに増えて見れる量が増えていくと思います。

    人にはやって、

    「いいこと」

    「悪いこと」

    がある。
    それがわからないとやってはいけないことが理解できずに暗闇に足を突っ込んで落とし穴にハマることがある。
    悪いことは最初から極力減らして動かないといけないのだ。
    仲が悪い相手は誰にでもいる。



    だがその仲が悪い相手に対して、仲直りをするのかは本人たち次第だ。


    別に仲直りしなくていいのならば仲直りしなくていいのだ。
    人間はそんなによくできていないから、
    頑張らなくても別にいいのだ。

    このページのトップヘ