2016年12月

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    体育の日
    シュウメイギク
    うろこ雲
    初冠雪
    長雨
    連休明け
    寒暖差
    夜長
    秋祭り
    冬支度
    円安
    地球温暖化
    うつ病
    円高
    自閉症
    コスモス
    水草
    抑うつ
    YouTube
    amazon.co.jp
    Amazon
    Googleマップ
    楽天
    DMM
    Google
    Twitter
    楽天市場
    サッカー
    金銭感覚がわかる瞬間

    生きとし生けるもの。

    この摂理に対してどの生物も皆平等である。
    命に対しても平等だし、
    ということはみじんこだろうとアオミドロだろうと命の価値は人間と平等である。




    人はそれを、
    理解して生き物を食べることをしているのだろうか?
    勝てないのなら逃げてもいいんだ。




    絶対に勝てない相手にまで、勝負を挑む必要などない。

    逃げるが勝ち。
    そういう人生もあっていいじゃないか。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    (2016/10/17)




    実際、
    夏はかなり苦労しましたね。



    寒さとクーラーでお腹が痛くて、
    さらにグリーンスムージーをその時飲み始めて異常なほどの腹下しが起こり続けていました。




    今は適量がわかったのでなかなかならないのですが、
    本当に夏はキツかったです。






    あと、
    夏に腹巻きはしないほうがいいです。


    汗で湿ってしまって逆に冷えてしまいました笑

    個人的にあなたとはいっしょにいたい。


    例えば結婚したい相手と結婚したいと思う理由が、自分勝手じゃないといけないのと同じように、
    そうしたいと思っていなければ成功はしないはずだろう。


    その人個人は成功哲学があって行動しているとしても、
    その人個人はまったく気づかないで相手のやっている意味に気づかないことが多い。


    それくらいに、
    人なんて理解できることがないのも、人間関係の醍醐味だ。
    誰かと砂漠にしても誰かを貶めるにしても、

    絶対にそれが真実なのか確かめられる時が来るのだ。
    その真実に対して私たちは抵抗はできず、
    完全にウケてに回らなくてはならないものだ。


    それくらいに真実というものには価値がある。
    だからこそ、
    真実は話すべきものではないのだ。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    よくある
    「どうなるかわからない」
    というような、
    「賭け」的な問題の解決方法があるが、これは意外とナンセンスだと思う。



    なんでかっていうと、
    できれば100%解決できる方法の方がいいに決まっている。
    つまり、
    楽しみ方は人それぞれだが、
    真剣なときに「賭け」で物事を決められても怒りたくなるというものだ。





    人生にはまじめに生きている人もいるから、
    真面目に会話しないといけない相手や真面目に接しなければムカつかれる相手には、絶対にふざけたことはしないほうがいい。
    これは、絶対だ。

    常に常に最強である。



    勝つために遠慮せず、常に邁進すべきである。


    可能性はそれ以上に計算し、
    最大パワー以上の最大パワーを常に得ていくべきである。
    絶対的に強い人間も、
    生まれた時は赤ん坊で、一番弱かっただろう。




    だが、
    成長して強くなり続けるうちに最強になるのだろう。


    だからこそ、
    大人になっても弱い人間は、
    それよりも上を目指せるのだから努力の分だけ上に行けるのだ。
    最強である最大であるトップは、
    絶対に最強だが、
    一番下にいる人間たちを恐れないはずもないと私は理解している。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    (2016/12/06)

    いやー、
    ビックリよ。


    今日雪降ってたよね??



    私朝起きた時外見たらちょっとだけ積もってて、
    その後は気温で溶けたっぽいから家の人はだれも知らなかったみたい。




    でも、
    降ってたのは間違いない。


    あと、
    乾燥がすごいね笑
    今日に入ってまたさらに深刻な乾燥度。
    これはキツいわ。。。

    物事を一個一個の駒だと思うと物事は簡単になる。

    いわゆるタスク処理と同じだが、
    駒はゲームにおいて切り札にも使えるものだから大切にするべきだ。


    駒というのはなるべく持っておくべきだ。
    この駒がなければ、
    絶対に戦えない的とも戦えるのだから便利だ。
    適当に生きる人間には理由がある。

    そもそも適当に生きられないから人生難しいのだから、適当に生きるために努力をしていないのであればその人は生きてさえいないだろう。



    それくらいに怠けるとか適当とか言えないものだ。
    人はそれくらいに真面目なのだ。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    同じです。

    常識と戦え。


    常に新しい世界があり、そして変化していく世界だ。




    そしてそしてまたまた繰り返すことだ。

    同じく成長してもその成長の差は経験した物事の差になる。

    それくらいに、
    人間とは新しいことに忠実であることを世の中で要求されるのだ。
    物を売って相手が買う。

    このシンプルな図式を人間は商売というものとして自分の金を儲ける価値として生業としている。
    これができるからこそ家族さえも支えられる。



    これがないといけないのだ。
    どんなに非情だろうと、
    それが儲けならばとやってしまう人さえもいるのだから、
    人の世とは金が主体なのだ。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    人間は、不老不死になれるのか?



    そもそも、
    人間の脳細胞は、
    増殖する数に限界が有るため、どれだけ不老不死の技術があっても生きられないらしい。



    ならば、
    他の方法ならばどうなのか?

    例えば、
    脳細胞が増殖しなくても、死滅したら再生させることは外部的な要因で可能なのか?
    それとも、
    さらに脳細胞が死滅するからこそ、
    脳細胞の代わりを導入する機能が人間にはあるのか?





    まあとりあえず、
    いろいろな副条件的な不老不死は、恐らく可能なのではないだろうか?

    その事柄に対して戦うことは大切なことだ。


    大切なことは逃げることができないという意味でもある。
    戦い続けることに意味がないのと同じように、
    戦い続けることには絶対的な効果があるのだ。

    このページのトップヘ