このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    これは、
    ぶっちゃけ売名商法的な理由があります。



    私、あんまり働く気はないんですけど、
    働かないわけではないんです。





    というよりも、
    誰よりも働かなければ儲けられませんし、
    その時点で誰よりも働いて入るんです。
    ただ、
    行動や仕事の効率化はしているんです。




    その理由で、
    真っ当な働きをするよりも、頭を働かせて労働を簡略化、そして労働をする量をできるだけ減らしてなるべく楽をしています。


    ですので、
    正確には働かないのではなくて、働かないことを増やして誰よりも労働力のいる作業を減らしているという意味なんです。

    なので、
    稼いでいても働きたくないだけであって、
    働いていないってわけでもないです。




    自分の一番ラクできるホームグラウンドで戦っているっていう状態なので、
    他の人にとっては、
    楽できているようにみえるだけだと思うんです。

    戦っても戦っても特をしないのが戦いだ。

    これに得を求めてはならない。
    やればやるだけ無駄な犠牲は増えるのだから、戦いとは自分の誇りを誇示するための争いなのだ。
    どんな行動も仕事も、気合だろ。



    どれだけ強くても精神が弱ければ戦えず、そして力がなければ精神も強くないのだ。

    心とは人間の中で一番弱く弱点にもなりやすい部分だ。
    本来の力を使うには、
    どうしても精神力がいるのだ。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    私はよくいいことを言うと言われるが、

    それがどういうことなのかいまいちわからない。
    だから名言集なども持っているが、
    いまいちよくわからないで書いている。



    結構それが心配なのだが、
    結構訪問してくれる方がいるのが、驚くべきことだ。

    知識を蓄えるのに意味はあるのか?

    これはコミュニケーション能力を鍛えるという意味ではとてつもなく重要だ。
    頭のいい大学生が知識や頭がいいから早口なのはこれが理由だ。


    普通の人間のスピードよりも圧倒的なほどの会話力なのである。
    よく、
    「頭のいいやつは話ができない」
    といわれるが、
    実際のところ、
    ただ単に知識の量が多く自分が強いと思ってしまっているので、コミュニケーションを鍛える必要が無いからそうなるのだ。
    むしろ、そう非難するほうがコミュニケーション能力が人並みだけなのかもしれないだろう?
    誰だって人を恨む。


    それは絶対的に存在する人間の欲望の先にあるものだから、
    絶対にそれは止めることはできない。



    人間なんてそんなものだ。
    決して立派なものではない。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    (2016/10/17)




    実際、
    夏はかなり苦労しましたね。



    寒さとクーラーでお腹が痛くて、
    さらにグリーンスムージーをその時飲み始めて異常なほどの腹下しが起こり続けていました。




    今は適量がわかったのでなかなかならないのですが、
    本当に夏はキツかったです。






    あと、
    夏に腹巻きはしないほうがいいです。


    汗で湿ってしまって逆に冷えてしまいました笑

    最大パワーで戦って勝てないってことが、もしあるとして、どうやったら勝てるのだろうか?



    それは全力以上の力がないと勝てないのだから、
    それを出しきれるのかが勝負になるだろう。





    全力以上。
    限界を突破すれば体に想像以上の負担がかかる。
    それだけ無理をできなければ倒せない相手だからこそ、どうするか自分で考えるといいだろう。
    秘密というのは持っておくべきだ。
    いくらでもあってもいいし、
    それを隠しておくのも明かすのも、君本人次第だ。

    ただ、
    秘密にはルールが有る。
    現実でやってはいけない秘密なんて、隠している意味が無い。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    (2016/10/13)




    いやー、


    お久しぶりです笑




    実はちょっとブログを全部見直していて、ちょっとだけ新しいブログを作ったりしていましたので、
    記事自体は貯められるようにしてあるので
    時間をいただきました。






    で、
    何個がブログが新しく開店したのですが、
    みなさまは見ていただけましたか?






    ブログは確か、
    3つほど新規開店いたしております。




    正直言うと、
    えるもの作るブログは、今までのは通常のブログならばどこかにありそうな形式の記事のタイプでやっていましたが、
    今回作ったブログは、
    全部がオリジナルでどこにも存在していないタイプです。





    実は、
    現時点でまだ指導前で準備段階なブログが、
    すでに40個程度存在しているのですが、そのブログたちも、いずれ始動していきます。




    つまり、
    今はまだ40個も違う性質のブログがまだ未公開なまま存在しています。




    私のブログはまだまだ進化していきます。


    その40個すべてを開始するためにはもはや一年以上かかるかもしれませんが、
    それでも続けていくつもりです。





    まあ、
    今回新しく開店したのは、自信作ばかりです。

    なので、
    まったく記事に対して異論も問題もなく開店が即日可能だったために開始されたブログです。


    まあつまり、他のはまだまだ情報量と自分の技術が至らないままであると言ってもいいので、
    これからもブロガー活動は精進してまいります。

    本当に意味があることなのかは別として、
    味覚というものには酸味を感じる機能があるのはわかるはずだ。



    それと同じように、しょっぱいや甘酸っぱいっていう感情もあるのは人間ならばわかるはずだ。


    人間っていうのは、
    意外と味覚と同じように脳も味を感じているのかもしれない。
    世の中には、
    手に入るものと手にはいらないものがある。

    それは愛であれ友情であれ手にはいらないものは手にはいらない。

    だから絶対的な友情はないし信頼もない。


    人というのは、
    生きている間常に罪深いのだ。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    (2016/12/17)

    えぇ。

    完全にまた風邪ひきました笑




    もうね、どうしてもこの季節は大きい風邪引くか小さい風引いて一日ほど休養摂って復活する感じです。



    傾向的に、
    今年の風邪は私は小さい風邪の方です。
    久しぶりにこのタイプの年になりました笑

    最強の一撃か。




    最大の攻略法か。




    どっちでもいい、
    だが、
    どっちかが最強でなければ絶対に最強には勝てない。
    誰かと砂漠にしても誰かを貶めるにしても、

    絶対にそれが真実なのか確かめられる時が来るのだ。
    その真実に対して私たちは抵抗はできず、
    完全にウケてに回らなくてはならないものだ。


    それくらいに真実というものには価値がある。
    だからこそ、
    真実は話すべきものではないのだ。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    車買取会社
    アンチエイジング化粧品
    オリオン座流星群
    白熱電球
    初雪
    ハロウィン仕様
    秋バラ
    金木犀
    コスモス畑
    シュウメイギク
    夜長
    Google Maps
    喘息
    ニーチェ
    ビタミンE
    マムシ
    生活介護
    炭酸ガス
    万葉集
    Gmail
    スマートフォン
    Google
    YouTube
    Amazon
    Googleマップ
    楽天
    DMM
    郵便番号
    Twitter
    楽天市場
    英検
    日本地図
    金銭感覚がわかる瞬間

    命というのは儚いものだ。

    生きている間はいいが、いなくなったら寂しくなる。
    それをブログに綴ることが、
    命の証明になるのなら、いくらでも新しい文化にしていこうじゃないか。
    個人的にあなたとはいっしょにいたい。


    例えば結婚したい相手と結婚したいと思う理由が、自分勝手じゃないといけないのと同じように、
    そうしたいと思っていなければ成功はしないはずだろう。


    その人個人は成功哲学があって行動しているとしても、
    その人個人はまったく気づかないで相手のやっている意味に気づかないことが多い。


    それくらいに、
    人なんて理解できることがないのも、人間関係の醍醐味だ。

    このページのトップヘ