このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    正直、
    起きてますね笑




    寝るのが嫌いな人なので、
    最小限は寝る以外には起きているしか思っていません。



    だって、
    次の日疲れたら寝るでしょ笑

    これだけでいい。




    生きるのにこれだけでいいと思うようなことがあるだろうか?


    例えば無人島に流れ着いたらというと、
    人それぞれで必需品がちがうというけど、
    必需品にさえもある程度の許容条件がある。




    簡単に言うと、
    何もない世界に持っていけるものは、命と体しかないものだ。
    マトモな考えというのは、
    誰もが同じ領域で考える範囲なのだろうか?


    真面目な話、
    それ以上に意味があるならばそれ以上にマトモな案があるし、
    人間というのはまともな意見というものが絶対的解決法だったらそれを受け入れることが出来るのだろうか。


    それくらいに、
    マトモすぎる意見はかなりの確率で恐いものなのだ。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    えるもは発言かカオスだ。


    時々口を割って話したかというと、さっと話をさらっていったのにすぐに話さなくなってしまう。
    その間に相手はいつの間にかまた話をし続け、
    また急に独壇場になってはまた戻る。




    ずーっとこんな会話になる。

    人間だから仕方ないことはある。

    どうしても人を恨むし嫌がるし、
    どうしても愛せない相手がいるのも当たり前だ。
    だからこそ、
    人を愛すことをやめてはいけないのだ。



    人を愛すことだけが、そのネガティブな感情を唯一打破できる事柄なのではないだろうか。
    私が私である根源は何か。



    私が私として生きているからか?
    私が誰かに私として理解してもらっているからか?


    いや、
    違う。



    私がまだ生きているからだ。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    正直言うと、
    あんまり楽しくないですね笑




    一応、好きなことを職業にしているので、好きなことは全部お金稼ぎになってしまいますし、そうしないと収益化は難しいんです。
    だから、
    趣味は全部お金に変わる財産ですから、
    趣味をすることが労働で、
    そういう意味では頑張り続ける上にさらに努力してでも趣味で生計を立てなければいけないので相当つらいです笑




    稼いだお金は全て趣味に変わり、
    次の収益のために記事を書きます。




    なので、
    常に自分の楽しさが収益源です。




    前にも書いたのですが
    物販販売のアフィリエイターと違って、収益には人が楽しくないと訪問しないのです。




    簡単にいうと、
    個人事務所ですから努力する量は他人に頼れない以上想像以上の世界です。


    今は寝ても覚めてもやっていますから起きたらすぐスイッチオンで慣れましたけどね笑

    夢なんて持つべきではない。




    というよりも、
    私的には夢を持つのはいいがその夢を叶えようとする努力の必要があるのかということだ。
    夢というのは努力せずして手に入れることはできない。



    それと同じように、
    どんな物事も成功するには努力しなければならない。
    私もそうやって努力してきた。
    仲が悪い相手は誰にでもいる。



    だがその仲が悪い相手に対して、仲直りをするのかは本人たち次第だ。


    別に仲直りしなくていいのならば仲直りしなくていいのだ。
    人間はそんなによくできていないから、
    頑張らなくても別にいいのだ。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    書くことに意義がある。


    書き続けることで何かしらあるかもしれないし、書くことで見つかる真実があるかもしれない。
    だからこそ、
    私はブロガーなのだ。

    負けるが勝ち。
    逃げるが勝ち。

    ずーっと逃げても戦い続けても、
    さして結果は変わらない。
    だから、
    戦えないと思ったら逃げていいのだ。
    便利なものは使いたい。

    その便利なものを使うと時間が短縮できるとか、かなりいいと思うだろう。



    それはでも、
    成長には関係がない。
    成長したいのならば絶対的に不便な方がいい。

    なんでもできる必要などないが、
    なんでもできるようになることは一番仕事などで強くなれる方法になるだろう。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    うーん。



    よく聞かれますけど、
    さして自分ではいいと思っていません。



    なぜなら、
    そもそも人間って、頭の良さ自体ならば、どれだけでも向上できると思うんです。



    いわゆる、脳トレ次第ってことです。






    IQっていうのは生まれ持って持っているもので、
    さしてそれが変化することはないですが、鍛えることで成長することは出来るんです。

    物事の意味を知るか知らないでもいいのか。

    戦いに慣れてない場合でもなんであっても、
    物事の意味は結果に挿して影響はない。
    無知だからこそ勝つこともあるのだから。
    水というものは一箇所に固まるものだ。


    雨だって最終的には海に流れ着いて一つとなる。
    水は人と同じだ。
    流れに流れてどこかにたどり着き、最終的に何かと一緒になるものだ。

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

    私はそもそも、
    人生の途中で挫折して頓挫した人間だ。



    無難に生きていてもしょうがないし、好戦的に攻め続けることしか他の人間には勝てないと思っている。





    そもそも、
    他の人は無難に生きていてもおよそ10年間病院で闘病した人間よりはもっと丈夫に生きていられるはずだ。
    だからこそ、
    私は強くなり続けるしか無難に生きられる人間には勝てるとは思えない。
    今の強さも、
    そういう挫折と経験がもとにあるのだ。

    人にはやって、

    「いいこと」

    「悪いこと」

    がある。
    それがわからないとやってはいけないことが理解できずに暗闇に足を突っ込んで落とし穴にハマることがある。
    悪いことは最初から極力減らして動かないといけないのだ。

    このページのトップヘ